スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の見えるラベンダー畑の会

先日は袖志のあるお宅で
ラベンダーの入浴剤作りのお手伝いをしました。

夏、皆で一生懸命草刈りや摘み取りをしたラベンダーが
入浴剤にカタチを変え、皆さんの元へ届く。


夏場は少ししかお手伝いしていませんが
全体の流れがみえるため
感慨深いというか、
関わっている人たちの顔と力とを身をもって体感しているので
作業をしながらジーンとしていました。


それでは、様子を少しだけ共有しましょ♪

↓洋子さんと早苗さん
洋子さん早苗さん


ラベンダーの会の会長さんの洋子さん。
人を巻き込み、人と人をつなげるのを得意とする
われらの母です。
マザーシップです。

うかわくらぶでも気張ってくださっています。

私もこんな人のように
自然とひきつけられるような人に近づきたいものです。


そして、その洋子さんに巻き込まれた?うちの一人…笑
早苗さん。
長い付き合いかと思いきや、まだ2年くらいらしい。意外。

彼女は、着付けの先生。
一方、羊の毛でフェルトを作り
そのフェルトを使ってまたかわいい小物たちを創り出す。

『もったいない』を大切にする人たちです。


↓入浴剤までの道のり

1

計量し、パックに詰める

2

早苗さん

ふたをします 『バイーーーーン』って

3

ラッピング


うーん。わかりやしー(^ω^)


こうやって作業を分業しながら
色んなお話をします。


一つのお家に集まって作業をする。休憩をする。
昔の草履あみするときみたいな雰囲気だなーと。



共同作業って大切。



お二人、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ikuha kakuyama

Author:ikuha kakuyama
地域を田舎を再認識すべく
地球緑化センター(EGC)という偉大なマザーシップをお借りし
京丹後に野間にお世話になりながら
コミュニティーソーシャルワークを勉強しています


腐った既成概念を捨て
真っさらにクリアになりたい
『共に生き、活かし合う暮らしを』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。