スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOHASくるみ谷 新年会

この間、スキー場での活動が終わったあと
飯島さん宅へお邪魔してきた。


「少し遅い新年会をやるからおいで。」と飯島オーナー。

こうして声をかけてもらえることが、どれだけ嬉しいか。
基本的に、活動ではこちらから声をかけてばっかりなので
なんとも不思議なわくわく感がこみ上げてくるのです。



今日の新年会のメインは 猪のすき焼き!
そう。いのしし。いのししです。

じゃーん
メイン 猪肉

この薄さがなんともいえない。
ちょうどいい歯ざわりと食感で
うまみ100%!
って感じ。


こちらは、奥様特製!
サツマイモとリンゴのサラダ
さつまいもとりんごのさらだ
シンプルだけど、私これ、大好きです。


食べる前に、ブロガーたちが写真撮影を始めました。笑
もちろん?私も…上出来!ぷ
写真家2人



今日は4人 プラス 1犬  …こんな数え方でいいのだろうか?
オーナー・奥さん・まこもじいさん・私
そして、愛しのクッキー(^ω^)♪

かんぱーい!
かんぱーい

しゅんぎくうまし

にくじるたっぷりすきやき。
ぐつぐつ


クッキーのぶんもよーけよばれたど!


脂っこくなくて、食べやすい。
森のタンパク源



そして
天然冷蔵庫で冷やしてある
おいしおいしい生酒もよばれ…
贅沢三昧のひと時でした。



遊ぶ二人
遊ぶふたり



デザートは、まこもじいさんが持ってきてくれた
安納いもの焼き芋!
いも

安納いも

このねっとりあまーい、安納いも。
舌触りはかぼちゃの煮物みたい!

この安納いも、保存が難しいらしく
秋収穫して冬前には腐ってしまうのだそう。

まこもじいさんは横穴に上手に保存しているそうです。




夜は音楽DVD鑑賞をオーナーの解説付という
なんとも贅沢なひと時…。


うとうとして、おやすみなさい…。


飯島さん・奥さん・まこもじいさん・クッキー
ありがとうございました。


おいしいおいしい朝ごはん。
焼きたてのパンと自家製きのこスープ、ヨーグルト…
リッチすぎるぜ。
あさごはん



LOHASくるみ谷 満喫!

当日の様子…こちらへGO!
クッキーとくるみ谷

一日一組限定の宿 LOHASくるみ谷
冬場は映画館に変身しますので、お気軽にお問い合わせください。

次は、何の映画をみようかなー。
楽しみー。


最近のもんやこ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しかった!

まこもじじいで~ス。
ロハスさんのおかげで 楽しい新年会ができました。
少し はしゃぎすぎて 朝は二日酔いでした ごめんなさい。
myhpにupしました 顔が出ていますが エエだろう?もうおせ~か。
しかし よく丹後弁を覚えたね~。賢い賢い もう少しだけど頑張ろう。
まこもたけの仲間とは「まこもじじい」
竹炭の仲間とは「炭焼きじじい」
ミツバチの仲間とは「京丹蜂」で発信していますので
今後もよろしくネ。
今日も がりゃーようけ雪が降っとるけど 風邪をひかんようにせ^ヨ。

Re: まこもじいさん

こちらこそ、ありがとうございました!
ゆったりのんびり楽しく過ごすことができました。

まこもじいさんの色んな話が聞けてよかったです。
またお話聞かせてくださいね。

顔、減るもんじゃないので、使ってください。
ありがたい限りです。


丹後弁、抜けない気がして怖いのです。
こっちにいるうちは丹後弁が標準語ですからね。
使いますよー。

たくさんの 居場所 と 仲間 がいること。
これが、人生を豊かにするものだな、と思います。

そこからまた、つながっていく。


これからも宜しくお願いします。
おばあちゃんにも宜しくお伝えください。笑


ほんによーけ降る。
気張らんと、ぼちぼちやってぇよ。

No title

大雪の中 くるみ谷にきていただきありがとうございました。まこもじいさんからのおいしい野菜とお芋、それにパパ初のいのししのスキヤキ本当に美味しい時間でしたね。またクッキーにぜひ会いにきてくださいね!!

No title

素敵なところだね~

Re: クッキーママ♪

こちらこそ、準備や段取りありがとうございました。
おかげでまったりゆったり、お客様 で過ごせました。
皆さんが用意された それぞれの 素材。
どれもこれもおいしいものばかりで、豊かになりました。
また、お話しましょう。
クッキーにもママにもパパにも、逢いに行きます。
ありがとうございました。

Re: No title

そうでしょー。
いろいろ すてき なんです。

つっちーのところは、いかがですか?
というか、元気?

相変わらず、走ってる?

水車小屋

丹後の冬、満喫してますねぇ~頑張ってますねぇ~
ややや、私の義理の妹、映ってるじゃん。
藤原って言います。

丹後から「風と共に去りぬ」となる事も良し、何か形として残して行くも良し、究極のエコ、水車小屋の構想を残して行くともっと良し。
コットン、コットンと米搗きする様、(米搗きの語源は此処から来てる)そして、電力も作れるような仕掛け。
囲炉裏端作って、お茶して、手作りケーキ作って、コミュニティーホールとすれば、尚更、良し。観光施設になるかも。

丹後エコネットのメンバー、とりわけ、うめちゃん事、梅本さんなら理解あるかもね。
過ぎし日の青春時代、これは、私がプロジェクト組んでしたんだぁ~
と思えるようになるなら、やれば出来る、出来ないのはやらないからだ。これは、私の知ってる棚田仲間、かっちの口癖。(水柿大地で検索)

ほんと、夢中とは夢の中なり。夢を見れない者は、当然の事ながら、夢中にはなれない。

Re: 水車小屋

そうなんですね。

水車小屋に関しては、私でも提案や口出しはいくらでもできます。
しかし、今ではないと思います。
そして、続かなければ意味がない。
そして地元が必要と思わなければやる意味は薄くなると思います。


いろいろ考えながら歩いていきます。
プロフィール

ikuha kakuyama

Author:ikuha kakuyama
地域を田舎を再認識すべく
地球緑化センター(EGC)という偉大なマザーシップをお借りし
京丹後に野間にお世話になりながら
コミュニティーソーシャルワークを勉強しています


腐った既成概念を捨て
真っさらにクリアになりたい
『共に生き、活かし合う暮らしを』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。