FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしご


にゃんこ


きゃわいいだろ。このにゃんこ。
こりんこりーんと、擦り寄ってくれる。

「私はあなたに、ごはんをあげることは出来ません。」と何度言っても
すりすり、ごろにゃーん。

彼女の名前はソフィアさん。年齢不詳。
にゃんこ


「おいで。」といえばちゃーんとひざの上に乗って
ごろぶちごろぶち言ってくれる。あまづめもたててね。

こういう人懐こい人間になりたいものですな。



池谷さんと色んな話をすることができた。

彼女が野間に来たときの話。
仕事の話。
介護の話。
ナラティブな話。
これからの話。

思っていた以上に、興味深い人でした。


池谷さんのオニオングラタンスープは絶品だよ!
オニオングラタン


皆も是非、連絡をとって足を運んでみてください。
going my way!な気持ちのいい人です。







さてお次は梅本家。
うめちゃん


いつも夢の話になるのね。
今回の主役はやんやん。

悩みを共有できるっていいね。


たまにね、
何に悩んでいるのか、何で悩んでいるのか。
わからなくなるときがある。
そういうときに他者に話すことによって
複合的なものが、また一つ一つの「悩み」として明確化するんだよね。



ある人からもらったメールのコーチングの話。
社会福祉援助技術の話にも通じますが。

AさんがBさんに話をし、Bさんに話が届くことをパラクラインといい、
Aさんが自分の話を自分でもう一度確認することをオートクラインと言います。

これを機能させるには、話を聞く側が傾聴することに徹することが重要で、否定しながら聞いていたり、無関心に聞いていると、相手は、聞く側にわかってもらおう、関心を持ってもらおうとして、オートクラインが働きません。

オートクラインがしっかり働くと相手は、言葉として自分の話した内容をもう一度自分で聞くことができます。そこで自分が話している内容を、整理確認するのです。

このオートクラインによって何が問題の核心か、自分の課題は何か、ともすれば解決策まで浮かんでくることもあります。



ね。



私も勉強になった。

梅本さんに
「いくちゃん、今幸せでしょ?」って言われた。

これ嘘じゃなく、本当に幸せなんですよ。
自分の人生に対して キーワード がいくつか見つかると
見通し ができてくるんだよね。
それが嬉しくて。


お野菜ってこうなんだよ。
ほんものってこうだよ。
おいしいってこういうことだよ。
そう教えてくれた人、そして
その人が育んだお野菜=いのち
をいただいて。

こういうお野菜を、これから食べ続けたいって思ったの。
そしてそれは、子どもたちのところへ行き着くべきものだと
感覚的に思ったの。
きっと子どもの頃から食べていたかったなぁって言う願望からなんだろうけど。


これからあるコミュニティを創造しようとしている人がいて。
それは、老若男女や国籍、障害のあるなし関係なく助けあうコミュニティを創る というもの。

その創造を一緒にやっていきたいなと。福祉的なサポートをしたいなと。
おぼろげですが、今はそう思っています。

そのためには、まず現場を知らなければならない。
農・食・福祉

仲間が必要です。


ありがとう皆。
みんな
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ikuha kakuyama

Author:ikuha kakuyama
地域を田舎を再認識すべく
地球緑化センター(EGC)という偉大なマザーシップをお借りし
京丹後に野間にお世話になりながら
コミュニティーソーシャルワークを勉強しています


腐った既成概念を捨て
真っさらにクリアになりたい
『共に生き、活かし合う暮らしを』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。