FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毘沙門さんin須川

私が今住まわしていただいている野間の家もんやこ(都市農村交流実践施設:あまり施設としての機能はしておりません)がある野間地区は10の集落からなっております。
中山・中津・田中・野中(横隅)・吉野・霰・須川・大谷・三土野・来見谷
そのうちの一つ、須川で行われたお祭りに皆様のはからいで参加させていただく運びとなりました。


おしょうさんからお話を頂戴し、お経をあげ、お焼香をし、会食という流れでした。


毘沙門さんは、仏像を守護するために置かれた、4つの神様(お使い)のうちの1つです。
昔々、この須川に宮津藩の後家来衆が居宅を構え、何かあればそこから出かけて行った。
戦いだけではく、天災・災害から村を守るために。

毘沙門さんは、その彼らを、須川に住まう人々を、村をお守りするために祀られております。

現代の医療・暮らしの利便性は今とは全く違う時代。
ただひたすら平安無事を祈る。
私たちが今、当時を生きた人々の考え・行いを知り、偲ぶこと。
それが供養になるのだなと体感させていただきました。


今は野間全体で8月15日にお祭りをしますが
須川に関しては人が沢山居たころは、毎年8月2日のお祭りの時にはやぐらを建て
盆踊りをしたそうです。


そもそも盆踊りとは、お寺参りの時
ご先祖さんに対してお供えものと同じように
仏さんに対する慰労・お疲れ様の気持ちをこめて踊るもの。


今まで、地元の盆踊り(船が沢)は踊ったことがなく
小出の民謡流しばっかり踊っていましたが。

来年帰ったら、実家の盆踊りも覚えたいと思うのでした。




会食の様子を載せておきます。


↓須川の美女1
すずちゃん・区長奥様・ひたちさん


↓須川の美女2
すず・たみ・ひろ


↓洞養寺のおしょうさん:わたなべさん
おしょうさん:わたなべさん


↓れんくんと野間亭たぶちさん
れんくん・野間亭さん



ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ikuha kakuyama

Author:ikuha kakuyama
地域を田舎を再認識すべく
地球緑化センター(EGC)という偉大なマザーシップをお借りし
京丹後に野間にお世話になりながら
コミュニティーソーシャルワークを勉強しています


腐った既成概念を捨て
真っさらにクリアになりたい
『共に生き、活かし合う暮らしを』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。