FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれなるままに…。

ぼやいてやろうじゃないか。
今思うことを。

先日、帰省中
東京にいる時に、ある人に会った。

京丹後に来る前
事前研修に行く直前まで

よく一緒に居てくれた人。
時間と空間を共にし
楽しい時もしんどい時もハッピーな時も吐きそうな時も
色んな部分をお互い見せあってきた、『同志』とでも言いましょうか。

半年ぶりの再会でした。



相変わらず、忙しいようで。
でも楽しそうで。
ネットワークが日々着実に、そして自然に生まれている。

人に好かれ、人を集め、人に愛されている。
変わり者ですが、だからこそ魅力的なのです。



そんな人が、別れてからメールをくれた。
『会いたくて、愛おしくてたまらなかった。』
『かけがえのない存在なんだと、会えて実感した。』

これ以上の言葉はありません。

パワーとエネルギーと人脈を与えてくれました。



久しぶりに会ったのをきっかけに
また以前のように頻繁に連絡をくれるようになりました。

お互いが必要だと思うときに必要とできる。
むやみやたらに縛らず、執着せず。
そんな関係性が続いていけばいいなと、思います。

つかず離れず
でも
なんだかんだで、お互いが心の拠り所にしている。

ちょうどいい距離感。


あなたには、いますか?
同志がいますか。
人生のパートナーが。
恋愛や友情、その枠を超えて共に生きる人が。



なーんて、えらそうなこと言ってみました。


おしまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ikuha kakuyama

Author:ikuha kakuyama
地域を田舎を再認識すべく
地球緑化センター(EGC)という偉大なマザーシップをお借りし
京丹後に野間にお世話になりながら
コミュニティーソーシャルワークを勉強しています


腐った既成概念を捨て
真っさらにクリアになりたい
『共に生き、活かし合う暮らしを』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。